MENU

自動車下取りは時代遅れ!?相場よりも高く売る秘訣

自動車下取りで並べるのが時代遅れな原因

一言で言うと「下取りだと買取り総額が安っぽい」です。

 

なぜなら、

 

下取り店頭は買い取った車種を並べるのが下手くそで高く売り捌くことができないのです。

 

その結果として、買取りプライスを下げるしかないのです。

 

「車種を購入する店舗で売れば、少し額面を高くしてくれそう」
と思うかもしれませんが、そんなことはありえません。

 

買い取った車種が売れなければ、
損害になりますし、売る手間も加わるので利益を出そうとします。

 

なので、車種を購入するからと言って高い値段で買って得るわけではないのです。

 

現在は買取業者に車種を並べるのが常識です。

 

買取り店頭ならば、注文を専門にやっているだけあって
買い取った車種を厳しく譲る方法を知っています。

 

激しく売ることができれば、多少厳しく買い取っても十分に利益を出すことができます。

 

なので、買取業者の方が下取りで売るよりも高額になりやすいのです。

 

 

しかし、やみくもに買取業者に車種を売ろうとしてはいけません。

 

 

上等注文を狙うなら一つだけ絶対に守らなければいけないことがあります。

 

それは、

 

複数の業者に見積もりの依頼をすることです。

 

そうすることによって上等注文が望めるのです。

 

例えば、

 

店頭1  100万円
店頭2  120万円
店頭3   90万円
店頭4  105万円
店頭5   75万円

 

とプライスを提示された場合は、店頭2に並べるという感じですね。

 

この時、多くの店頭に見積もりを依頼すれば依頼するほど、高額なプライスを引き出せる可能性があります。

 

というのも、

 

店頭がどんなプライスを提示してくるかは実際に依頼するまでミステリーなので
多くの店頭に期待をすれば、その分高額な金額が生まれる危険が昇るという事なのです。

 

中には50万円以外アドバンテージしたという個々もいるので、多少トラブルでも多くの店頭に依頼をした方が良いですね。

 

 

とはいっても、複数の業者に依頼をするのは面倒な事です。

 

そこで、

 

少しでもコンビニエンスをするために一時見積もりHPを使いましょう。

 

一時見積もりHPを利用すれば、
たったの3分の記帳手続きで複数の業者に見積を依頼することができます。

 

いくつもの店頭に同じ通信を繰り返して接する手数が取り去れるので
非常に楽に店頭に依頼をすることができます。

 

また、無料で使えるので車種を譲り渡すなら使っておきたい扱いですね。

 

ちなみに

 

上等注文を願うのであれば、複数のHPを利用するようにしましょう。

 

複数の一時見積もりHPを利用することで、
より多くの店頭に依頼することができるので、上等注文の危険が上がります。
(HPごとに登録されている店頭が異なるため)

 

1HPに3パイ、2HPでも6パイ、3HPでも9パイです。

 

10パイもかからない手続きでで30万円以外値段が上がることもあるので、面倒くさがらずにやった方が良いですよ。

 

 

以上のコンポーネントとまとめると

 

最低でも2HP、一時見積もりHPを利用しましょう。

 

(理想は3HP)

 

です。

 

多くの方が実際に上等注文をしてもらって掛かる一時見積もりHPを紹介しておくので
利用するときは参考にしてください。

 

上等注文を狙え!オススメ一時見積もりHP

 

 

かんたん車種見積もり教本の得意

  • 東証うち上場のエイ班が運営しているから気楽
  • 必要事項を記帳事後、すぐに概算総額が分かる
  • 一流の店頭が数多く揃っている
  • 実際の見積りを公開しているので一見の値打ちあり

 

カーセンサーの得意

  • リクルートが運営しているから気楽
  • 依頼する店頭を買えるので、むやみに店頭を増やさずに済む
  • 記帳条目が少し多い
  • 車種取引に関する通信てんこ盛り!

 

ズバット車種注文比較の得意

  • 総計60万人以外が支出
  • 年中無休のカスタマーサポートが起こる
  • 大手店頭から田園店頭までが揃っている

 

 

車 下取り

 

夫 浮気調査

 

産後 抜け毛 対策